最新の投稿
顔を洗っている女性

美肌になるために、乾燥肌を脱出するためにはいろいろな方法がありますが、とても話題になったのがヒルドイドという特殊なクリームやジェルを使った方法です。
実はこれはとても話題になり、特に年齢肌や乾燥肌に悩む人に保湿効果の高さで好まれていました。特に皮膚科や医療機関でも使われていたために、美容目的で使う人も少なくありません。クリームやジェルなど用途も広いので、ニキビ対策やかかとのガサガサをケアするのにも向いています。

ヒルドイドの薬用タイプは様々

ヒルドイドの場合、タイプはいろいろあります。このため、好きな使い心地を選んで使ったり、複数のアイテムを組み合わせて徹底的に乾燥肌対策に力を入れてもいいでしょう。
まず、ひとつはローションです。ローションとは化粧水のことですが、ヒルドイドのローションは白いトロっとした液体のことが多いのですが、商品によって違います。一見すると乳液のような感じがありますし、実際に使ってみてもかなり乳液に近い使用感を持っているものもあれば、そうではないものもあるのです。どちらかといえば化粧水の後に使うことが多いのです。化粧水を塗って、その後に乳液としてヒルドイドを使うこともできるでしょう。

もう一つは主流となっているクリームタイプです。クリームはチューブに入っていることが多く、白いシンプルなクリームですが保湿効果が高いことで知られています。油分がちょっと多めなので、普段のスキンケアの最後に使うことが多いでしょう。
比較的オイルに対して耐性があったり、ニキビを気にせずとにかく乾燥対策だけをしたいという人もいるようです。特に乾燥が気になる冬場などの保湿に良いかもしれません。

オイルが気になるとか、ニキビ肌なので油分カットしたいというのであれば、ジェルタイプもオススメです。こちらもチューブに入っていることが多く、さらっとした使用感です。ですが、医療機関ではジェルになると肌ではなく、骨折や打撲対策に使うことが多いとされています。

もし油分が気になったり、体などの広い範囲に使いたいのならフォームもオススメでしょう。フォームタイプはスプレー缶に入っており、缶の頭をプッシュすると泡で出てくるようになっています。こちらもオイルはほとんど含まれず、比較的さっぱりした使用感が魅力です。べたつきが少ないので、油分が気になる人や、体などの広い範囲に使いたい人に向いています。

なお、もし『美容』を意識するならローションかクリームが良いとされています。ボディケアならフォームもオススメですが、それ以外のタイプは入手しづらいこともあり、あまりスキンケア目的には向いていないという意見もあるようです。使い勝手などはいろいろありますが、どれも『保湿』効果は期待できます。顔用ということであれば、クリームやローションが良いでしょう。出来るだけしっかり保湿出来るタイプなら、おすすめは入手もしやすいクリームです。

ヒルドイドの効果は保湿だけではなくニキビにも効く

ヒルドイドの効果は保湿だけではなく、実はニキビにも効果があります。というのも、実は乾燥からくる乾燥ニキビをケアできたり、血行促進効果があるためです。

まず、ニキビに効く一番の理由は、乾燥にとても効果があるためです。ニキビの中には肌の乾燥からくるニキビというのもありますので、肌の乾燥が無くなればニキビも消えるかもしれません。特に乾燥が強くて肌荒れや肌トラブルになってしまう人の場合、これを使って乾燥が無くなるだけで格段に肌がきれいになり、ニキビも消えるでしょう。特に保湿をしっかり行うことで、ニキビに対しても効果が出てくる可能性があるのです。

もう一つは、血行促進作用があるという事も大事なポイントです。ヒルドイドには血行を促進させて肌の調子を改善させ、肌のターンオーバーを促したり肌に酸素を適切に届けるという効果があります。このため、肌の調子がしっかり改善されたり、肌のアンチエイジングにつながったり、肌のターンオーバーが改善されるなどの可能性があるでしょう。

もしニキビ跡があるのであれば、それも直るかもしれません。というのも先ほどの血行促進作用もありますが、傷跡を改善してくれる効果もあるためです。これは肌のターンオーバーを促し肌の生まれ変わりを促進することや、肌の保湿によってこれからできてくる肌質を高めてくれるため、生まれ変わった肌そのものがきれいになる、という事もあります。

気をつけたいのは、油分が多いアイテムの場合はより油分を与える事によってにきびがひどくなる可能性がある、という事でしょう。特にクリームの場合はべたつきがあったり、被覆性といって肌の表面が息苦しくなるように感じるなど、肌にとって負担になる場合があります。この場合はパウダーを一緒に併用するとか、量を調整するなどして油分の量に気を付けるようにしておきましょう。また、そもそも油分を与えたくないお肌であれば、そもそも油分が少ないジェルやローションタイプなどを利用するのがおすすめです。

ニキビについてはいろいろな対策がありますが当然これを用いてケアすることは出来ます。『肌質』に気をつけながら、適切なケアのひとつとして取り入れてみるといいでしょう。特にこすらないように気をつけながら、適切な使い方を心がけてください。

ヒルドイドの使い方・塗り方を知ろう

ヒルドイドはいろいろなタイプがあります。そのため、それぞれ使い方も違うでしょう。まず、使い方や塗り方についてはそれぞれのタイプごとに違いがありますので、必ず使用前には取り扱い説明書を読んだり、店員さんに使い方について相談しておきましょう。特に薬局で処方されたり、薬局で保湿用としておすすめされた場合は必ず使い方を聞いておくのがおすすめです。

次に、塗り方です。実は美容目的で使う場合、比較的オイル分が多いテクスチャや使用感であることが多いので、化粧水や乳液などのスキンケアの中でもできるだけ後の方に使った方が良いでしょう。というのも、先に油分を含むスキンケアを使ってしまうと、その後に油分が少なく水分が多い化粧水などのスキンケアが浸透しない可能性があるのです。浸透性の高い化粧水を先に使って肌に水分を与え、その後に使うのが基本です。
塗り方については、指などは清潔な状態にしておきましょう。スキンケア前に手を洗うなどして、出来るだけ汚さないようにします。使い方によってはティッシュに取ったりコットンに取る場合もありますが、摩擦によって肌に負担を掛ける可能性もありますので気を付けておきましょう。

適切な量を使うのも大事です。というのも、大量に使えばたくさん良い効果が出るかというと、そうでもありません。実は被覆性というのがあり、肌をカバーしてくれる一方で肌に負担を掛ける可能性があるのです。少量でもしっかり保湿してくれますし、肌を覆って皮膚呼吸が出来なくさせる場合もありますので、大量に使うのはおすすめできない場合もあります。

浸透性については、実のところ少しずつ効果が見られます。即日ですぐに効果が出るのは乾燥に対してなので、油分が多い肌に対しては洗顔などで油分を落としてからケアをしましょう。
また、べたつきが出やすいのでその点は気をつけたいところです。夜用のフェイスパウダーやボディケアならボディパウダーを使うと、夏のベタベタする時やべたつきが気になる時には適切にケアできるでしょう。

出来るだけ薬局やドラッグストアなどで、展示しているサンプルを使って使用感を確かめてから利用するのがおすすめです。テクスチャや油分の量などを確かめてから、使い続けられそうなものを選ぶと良いでしょう。